見えない部分だから!気になる「胸ニキビ」を治す方法

胸ニキビの原因・治し方を紹介します。治らない胸ニキビ・ニキビ跡は、皮膚科の薬、ニキビ用の石鹸などでケアしていきましょう。
MENU

見えない部分だから!気になる「胸ニキビ」を治す方法

 

実は大勢の女性が悩んでいる胸ニキビ。
胸ニキビは見えない場所にありますから、あまり口にすることがありません。
しかし、実際にはかなり大勢の女性が悩みを抱えていると言われています。

 

ぽつんと出来た胸ニキビ、実は汗や蒸れによって胸はニキビが出来やすい箇所なのです。
でも、何故胸にニキビは出来るのでしょうか?

 

 

 

胸ニキビができる原因

 

シャンプーやコンディショナーが胸元にたまる

シャンプー剤やコンディショナーが胸元にたまってしまう状態でいると、胸ニキビは発生します。
しっかりシャンプーした後に、体を洗うようにしましょう。
もちろんボディシャンプーのすすぎ残しも現金なので、体を洗ったらちゃんんと洗い流すようにしましょう。

 

胸の大きい人はそれだけでもニキビが!?

胸の大きい人は、それだけでもニキビが出来る要因になります。
胸と胸で谷間が出来るのは良いのですが、その谷間が蒸れてそこだけ集中的に熱を持つようになります。
胸が大きければ大きいだけ、胸ニキビが出来てしまうのです。
フルカップのブラジャーなどで改善することが出来ますから、下着選びを慎重にしましょう。

 

 

髪の毛がちらちらとあたるから

胸元の開いた服を着ているときに、髪の毛がチクチクささってしまっている可能性があります。
髪の毛は見た目なんともありませんが、実は雑菌がたくさんいるんですよ。
ほこりもちりもかぶっています。
そんな状態で、蒸れている胸元にチクチクあたり、雑菌が移るのでニキビが出来るのです。

 

 

胸ニキビの対策

 

すすぎ残しをなくす

 

お風呂で体や髪の毛を洗った時、シャンプー、ボディシャンプーのすすぎ残しがあると、
その部分が炎症を起こし、ニキビができやすくなります。
シャンプー、ボディシャンプーはついてるだけで刺激があるので、すぐにすすぐようにしましょう。

 

下着の素材を考える

 

胸はとても汗を書きやすい部分ですし、体の中でも突き出している部分ですので、
どうしても肌と衣服が接触しやすいです。

 

ところで…下着には、群れやすい素材と蒸れにくい素材があるのをご存知ですか?
うまく下着の素材を選ぶとニキビができにくくなります。

 

 

蒸れやすい素材

 

・化学繊維
・ナイロン
・ポリエステル

 

 

蒸れにくい素材

 

・絹
・綿(コットン)

 

 

絹や綿は、風通しもいいですし、汗を吸収してくれる特徴があります。
そのため、蒸れにくいですし、肌が刺激を受けにくいので、ニキビができにくいです。

 

逆に化学繊維は、保湿性はありますが、蒸れやすいです。
さらに、肌に密着しやすいので、どうしても肌と衣服がこすれることになります。
結果、ニキビができやすくなります。

 

 

皮膚科に行く

 

 

胸は皮脂腺も大きいですので、すぐに黄ニキビに発展してしまう可能性があります。
色素沈着をしたら、それこそ後悔することになります。
ですから、ニキビができてきたら、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

 

胸は確かに恥ずかしい部分ではありますが、最近は女性の医師のいるところが多くなりました。
ですから、気にすることなく受診されるといいですよ。

 

 

石鹸を代えてみる

 

一般的な石鹸は洗浄力が強かったり、刺激の強い成分が入っていたりします。
そんな石鹸を使っていては、ニキビが悪化するだけ。

 

すでにニキビができていたり、ニキビを予防したいと考えているなら、ニキビ専用の石鹸を使うことをおすすめします。
石鹸を代えるだけで絶大な効果がありますからね。

 

 

おすすめの石鹸

 

NonA.

ニキビを予防する石鹸です。
ニキビ有効成分のローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアなどの成分を配合してます。
通常の石鹸の4倍の弾力があるので、胸に出来たニキビにも刺激を与えません。

 

 

価格:2,940円
容量:100g

 

詳細はこちら!

 

 

 

 

まとめ

 

胸ニキビを治すには、皮膚科にかかるのが1番の近道です。
とは言っても、毎日皮膚科に行くことはできません。(当然のことですが)
日々のケアは、処方された薬、ニキビ用の石鹸、下着を代えるなどの対策をしていってください。

ニキビの化粧水

ニキビの乳液

乾燥肌

オイリー肌

大人ニキビ

顔のニキビ(場所別)

口コミ・体験談

思春期ニキビ

小ネタ

このページの先頭へ
エンジェルライブはコチラ