手遅れになる前に!ニキビ跡のピーリングで気を付けたい3つのこと

ニキビ跡をピーリングする時に気をつけたいことをまとめました。おすすめのことなので参考にしてみてください。
MENU

手遅れになる前に!ニキビ跡のピーリングで気を付けたい3つのこと

ピーリングは実はセルフでも出来るのですが、やりすぎると逆効果になってしまいます。
ニキビ跡をキレイにするために正しい方法で行いましょう。
その正しい方法とは、どんなものか?
ニキビ跡をピーリングする時に知っておきたい、最低限のことをまとめました。

 

 

医療機関でピーリングする

 

グリコール酸など、AHAやサリチル酸マクロゴールという強い薬品を使用して医療機関ではピーリングを行います。
強力や薬剤を用いますから、ピーリング作用は強く、ニキビ跡には効果的です。
しかし間違った使い方をすると肌を傷めるだけになりますから、しっかりした技術を持った医師に行ってもらうのが良いでしょう。
また安易に自宅でピーリングをしないことも必要です。

 

 

保湿をしっかり行うこと

 

ピーリングをした後の肌はヒリヒリ、ピリピリ、敏感になっています。
ですから保湿をしっかり行い、ヒリヒリを抑えるようにしましょう。
肌への刺激は最低限にし、洗顔も優しく行うのが秘訣です。
新しいスキンケアコスメを使うのもやめて、いつもと同じものを使うように注意しましょう。

 

 

紫外線に当たらないこと

 

ピーリング後の肌は敏感ですから、紫外線にも過剰反応を起こします。
そのため医療機関に行く場合、ピーリングした後は日傘などをして帰宅するようにしましょう。
帽子やUVケアもしっかり行い、トラブルがないよう帰宅出来るように準備しておくことも必要です。
ケミカルピーリングと呼ばれる医療機関でのピーリングは、肌にダメージを与えない程度に、しかししっかり効果を確認出来る頻度で行う必要がありますから、専門医に指導してもらうと良いでしょう。

ニキビの化粧水

ニキビの乳液

乾燥肌

オイリー肌

大人ニキビ

顔のニキビ(場所別)

口コミ・体験談

思春期ニキビ

小ネタ

このページの先頭へ
エンジェルライブはコチラ