そうなんだ、これは意外!ニキビ跡が残る6つの原因とは?

ニキビ跡が残る原因と治し方についてお伝えします。クレーターになる原因とは?ニキビ跡は1日も早く治しましょう。
MENU

そうなんだ、これは意外!ニキビ跡が残る6つの原因とは?

 

ニキビ跡がある人、ない人、それぞれいますが、その境目はどこなのか?
どんなことをすればニキビ跡は残ってしまうのでしょうか?

 

ニキビ跡が残る5つの原因

 

ニキビをつぶす

1番代表的な理由がこれです。
ニキビができるとどうしてもつぶしたくなってしまいますが、絶対にやめましょう。

 

肌のターンオーバーがうまくいっていない

ニキビ跡に悩まされている人は、肌のターンオーバーがうまく整っていない人です。
通常より肌細胞のサイクルが長くなったり、古い角質が剥がれてくれないので、そのままニキビ跡として残ってしまうのです。

 

 

何度も洗顔する

ニキビがあるからといって、1日何回も洗顔を行う人は、ニキビ跡が残ると言われています。
それは何故か?洗顔すると肌は乾燥します。
すると肌は乾燥を防ぐために皮脂を分泌します。
これを繰り返すのですから、皮脂過剰になり、ニキビが出来、そのうちニキビ跡になるのです。

 

 

紫外線を浴びている

紫外線をUVケアなしで浴びるとニキビはニキビ跡になりやすいと言われています。
このご時勢、UVケアなしで真夏の外を出歩く女性はいないかと思いますが、洗濯物を取り込んだり、干したりする場合でも紫外線はそそいでいますから、注意が必要です。

 

 

不規則な生活

これは前述したターンオーバーがうまくいかない原因の1つです。
不規則な生活リズム、寝る時間が一定でない、食事の時間も不規則であれば、健康にも悪いですし、その分ニキビの跡にもなります。

 

 

便秘が原因

ニキビ跡が残るのは便秘も関係しています。
便秘の女性は吹出物が出やすいのが特徴ですが、それをそのままにしていればニキビ跡に変化します。
それがキレイに治るためにはインナーケアを意識することが大切です。

 

 

まとめ

 

以上のことを踏まえて、ニキビ跡が残る原因をまとめました。

 

  • ニキビをつぶす
  • 肌のターンオーバーがうまくいかず、古い角質が残る
  • 何度も洗顔することで皮脂過剰になる
  • 紫外線を直接浴びる
  • 便秘がニキビ跡の原因になる

 

 

 

おわりに!

 

ニキビ跡が残る1番大きな原因は、ニキビを潰すことです。
ボコボコのニキビにならないためにも、つぶすのは絶対にNG。
規則正しい生活をして、ニキビに刺激を与えないことも重要な要素ですので、日々からニキビのケアをしていきましょう。

ニキビの化粧水

ニキビの乳液

乾燥肌

オイリー肌

大人ニキビ

顔のニキビ(場所別)

口コミ・体験談

思春期ニキビ

小ネタ

このページの先頭へ
エンジェルライブはコチラ