なるほど納得!ホルモンバランスの乱れとニキビの意外な関係!

ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン)のバランスとニキビの関係についてお伝えします。このことを知ることで、生理中にニキビができやすい謎が解けます。
MENU

なるほど納得!ホルモンバランスの乱れとニキビの意外な関係!

 

ホルモンのバランスが悪いとニキビが出来ると言われていますが、本当なのでしょうか?
単刀直入に言うと、その答えは「yes」です。

 

 

ホルモンバランスが乱れると必ずと言っていいほどニキビができます。
実際にニキビができてしまい、実感している人も多いと思います。

 

でも、まだ知らないという人もいると思います。
そこで!
ホルモンバランスの乱れとニキビの関係についてまとめてみました。

 

ホルモンバランスの乱れとニキビの関係

 

角質層が固くなっている

ホルモンバランスが崩れると、角質層と呼ばれる肌の表面が固くなります。
肌本来のバリア機能が働かなくなり、水分量が低下するのでニキビが発生します。

 

 

男性ホルモンが優位になる

女性ホルモンが乱れると男性ホルモンが優位になることがあります。
男性ホルモンは皮脂をよく分泌するホルモンですから、皮脂過剰になってニキビが出来る可能性が高くなります。

 

 

生理前のホルモンバランスの乱れ

生理前はホルモンバランスが乱れる格好の機会でもあります。
排卵後から月経までの2週間の間に分泌される「黄体ホルモン」が原因で、皮脂分泌が盛んになります。
そうなると…肌が脂っぽくなり、ニキビが出来やすくなります。

 

 

 

 

おわりに!

 

ストレスやホルモンバランスが乱れると、顎にニキビができやすくなります。
手は雑菌が多いし、顎はよく手が触れる場所ですから。

 

また、髪の毛があたってしまうのも刺激の1つとなりますから、
生理前など過敏な時期は、髪の毛を束ねておくようにすると良いでしょう。

ニキビの化粧水

ニキビの乳液

乾燥肌

オイリー肌

大人ニキビ

顔のニキビ(場所別)

口コミ・体験談

思春期ニキビ

小ネタ

このページの先頭へ
エンジェルライブはコチラ