知ってましたか?クリーム・乳液の保湿効果の違い!

クリームと乳液の保湿の違いについて説明します。肌質の違いによる使い分けもお伝えします。
MENU

知ってましたか?クリーム・乳液の保湿効果の違い!

 

乳液とクリームの違いって知ってますか?
同じような役割がありますが、、、実は全く違います。
そこで!乳液とクリームの違いについて説明していきます。

 

乳液は水分が多め、クリームは脂分が多め

 

乳液もクリームも水分と脂分が含まれていますが、
両者の違いを簡単に言うと…乳液が水分が多く、クリームが脂分が多いです。

 

さらっとした使い方したいなら乳液、どっしりと使いたいならクリームといった感じです。
とは言っても、これだけではなかなか違いが分からないと思います。

 

ほかにもいろいろなポイントがありますので、乳液とクリームの違いをまとめてみました。

 

乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違いをまとめました。
どちらを使うのか悩んでいる人は参考にしてみてください!

 

乳液
  • 水分が多い(さらっとした使い心地)
  • 化粧水、美容液の成分を閉じ込め、肌のバリア機能を高める
  • 水分を拡散しにくくしうるおいを保つ
  • 肌を柔らかくする

 

クリーム
  • 脂分が多い(重い使い心地)
  • 長時間、乾燥から肌を守る
  • 肌に美容成分や栄養を与える効果がある

 

肌質による使い分け

 

オイリー肌の人はさらっとした使い心地の乳液が向いています。
べたつくのが嫌な人もそうです。

 

肌の脂分が多いと毛穴がつまり、そこから炎症を起こしてにきびの原因にもなります。
そんな理由からオイリー肌の人は脂分が少ない乳液がおすすめです。

 

逆に乾燥肌の人はクリームがおすすめ。
クリームは乾燥から長時間肌を守る役割がありますので、乾燥肌向きと言っていいですね。
クリームは美容効果もありますので、アンチエイジング効果なども期待できます。

 

 

乳液とクリームを同時に使うのはNG?

正直、人によります。
基本的に両方使えば効果は増えます。

 

ただし、いくつかの注意が必要です。

 

乳液とクリームを同時に使えば効果が倍増するかのように思います。
ですが…肌の脂分が増えてニキビの原因になったりしますし、
肌を刺激する回数も増えますので(何回も肌に触れるため)、肌荒れの原因にもなります。

 

スキンケアはたくさん重ねればいいというわけでもないですからね(-_-;)
スキンケアのステップは少ない方がいいんです。
重要なのは、あなたの肌が何を求めているのかをしっかりと理解することです。

 

 

まとめ

 

乳液を使うべきか、クリームを使うべきか、両方使うべきか悩むと思います。
正直、それはあなたの肌質次第です。
簡単に、乳液とクリームの違いをまとめたので参考にしてみてください!

 

  • 乳液は水分多め、クリームは脂分多め
  • オイリー肌の人は乳液、乾燥肌の人はクリームがおすすめ

 

 

 

おわりに!

 

乳液とクリームだけにこだわらずに、乾燥しているところはクリーム、
オイリー肌の部分は乳液という使い方もできます。
季節によっても変わりますしね。
若い人なら乳液だけでも十分な場合もありますので、まずはあなたの肌質を知りましょう。

 

ニキビの化粧水

ニキビの乳液

乾燥肌

オイリー肌

大人ニキビ

顔のニキビ(場所別)

口コミ・体験談

思春期ニキビ

小ネタ

このページの先頭へ
エンジェルライブはコチラ