購入前に知りたい!ニキビ肌の乳液選びの5つのポイント

にきび肌の乳液を購入する前にしっておきたいポイントを5つ挙げました。乳液購入の際の参考にしてみてください!
MENU

購入前に知りたい!ニキビ肌の乳液選びの5つのポイント

 

ニキビ肌にぴったりの乳液とはどんな乳液でしょうか。
なんとなくライン使いしているという女性は、今一度ニキビ肌を元に乳液を考えてみましょう。

 

ニキビ肌の乳液選びの5つのポイント

 

セラミド配合の乳液

オススメな乳液は、セラミドが配合されている乳液です。
油分にも水分にも馴染みやすく、保水効果に優れています。
肌バリアを回復してくれますから、使うことでニキビ肌をケアすることが出来ます。

 

 

潤いを保ってくれるもの

乳液では潤いをキープしてくれるものがベストです。
化粧水でしっかり保湿したら、乳液でしっかりフタをして水分を閉じ込める必要があります。

 

 

角質内部に浸透するもの

角質内部に浸透して保護してくれる乳液もオススメです。
乾燥、刺激に負けない肌を作ってくれるスキンケアコスメがオススメです。

 

 

オールインワンはオススメ出来ません

オールインワン化粧品はいわゆる油分となります。
まずお肌には水分が必要なので、いきなり油分はオススメできないのです。
手軽で良いと思われがちですが、化粧水と乳液、クリームはしっかりアイテムごとに分けたほうが良いですね。
ニキビのためにはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど、もともと肌にある成分が浸透力に優れていますからオススメです。

 

 

脂の多い人はそれなりのものを

自分がオイリー肌だと思っている人で、カウンターでチェックしてもオイリー肌だという場合、油分が若干少なめの乳液を選びましょう。
乾燥で皮脂が分泌されている場合は、オイリー肌とはまた異なりますから、高保湿で油分が少ないという乳液が良いでしょう。

 

 

ニキビ肌におすすめの乳液

 

ニキビ肌の人におすすめの乳液を3つ選びました。
成分がニキビに有効なものですので、ちゃんとした効果があります。

 

ACアクティブ モイスチュアミルク

オルビス 薬用クリアモイスチャー ケイパーフェクトモイスチャーミルク

 

保湿成分保湿成分「リピジュア」「ヒアルロン酸」「セラミド」を配合しいます。

ノンコメドジェニック済みですので安心です。

 

詳細

 

毛穴の皮脂になじむディープデリバリー処方で、毛穴の奥まで成分を浸透させます。
しっとりタイプ、さっぱりタイプの2種類あり。

 

詳細

毛穴レスを目指す美容乳液です。
ケイ素によりコラーゲン・エラスチンなどの結合組織が強くなります。

 

詳細

 

 

 

 

おわりに!

 

乳液選びで大事なのは、あなたがどんな肌質をしているか理解すること。
もちろん含まれている成分なども重要な要素です。
上記の5つのポイントを参考にして、あなたにぴったりの乳液を選んでください。

ニキビの化粧水

ニキビの乳液

乾燥肌

オイリー肌

大人ニキビ

顔のニキビ(場所別)

口コミ・体験談

思春期ニキビ

小ネタ

このページの先頭へ
エンジェルライブはコチラ